スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web版スマイルズに掲載されました!!

えうぇげwg

web版スマイルズをご存じですか?web版スマイルズは、奈良県内で活躍するNPOを紹介してくれるwebサイトで、アクセス数の多さは相当なものだそうです。
NPO法人 明日香の未来を創る会の公式twitterから繋がったNPO法人 電子自治体アドバイザークラブの渡辺様や奈良県協働推進課のご指導を受けて、本日(9月8日)に、このweb版スマイルズに当法人の活動のことが掲載されました。

これからの活動の大きな励みになります。オーナーの皆さんも是非ご覧下さい。

NPO法人 明日香の未来を創る会の掲載ページはこちら

「フォト蔵」に明日香の写真を投稿しよう!!

簡単に写真をインターネットに投稿して共有することができる無料のフォトアルバムがあります。
写真を投稿して世界中に見せたり、個人的に友人や家族だけに写真を見せることが出来るのが写真共有サイトです。
日本では「フォト蔵」が有名です。

明日香の未来を創る会では、この程「フォト蔵」”明日香の棚田”という名前のコミュニティを作りました。
明日香の未来を作る会の会員のみならず、広く明日香の棚田を愛する写真愛好家の写真を共有したいというものです。

既にフォト蔵をお使いの方は、コミュニティに参加して頂いて、ご自慢の作品を公開してください。
未だお使いでない方は、以下に示す要領でフォト蔵に登録して、作品をアップロードしてみてください。
そしてアップロードした写真をコミュニティに投稿してください。

それでは登録からの手順を説明します。
先ずウェブブラウザでフォト蔵を開きます。
トップ画面はこんな感じです。

トップ画面

画面の左上にオレンジ色で「無料会員登録」ボタンがありますのでそれをクリックしてください。
画面の指示に従ってメールアドレスとパスワードを入力します。
そして「登録する」と書いた赤いボタンをクリックします。

登録終了


そうしたら登録したメールアドレスに次のようなメールが届きます。


登録未だ

メールに書いてある「登録を完了するには、次のURLをクリックしてください。」と書かれたurlをクリックして予め設定したメールアドレス、パスワードを入力して登録ボタンをクリックすれば登録完了です。

そしてログイン画面にメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

ログイン画面

後は画面が示す内容に従って必要な情報(名前や生年月日、自己紹介など)を入力してください。
これで準備は完了

次に早速写真をアップロードしてみましょう!

アップロード

ごらんの「写真をアップロード」ボタンをクリックして、ご自分がアップしたい、つまり多くの人に見てもらいたい写真をパソコンから選択します。
そしてアップロードするだけです。

最後に明日香の棚田へのコミュニテイへの写真の投稿の仕方をお教えします。
先ず、コミュニテイを探してみてください。

検索

画面にある「みんなの写真」にカーソルを合わせると写真のようになります。
ここでは「みんなのコミュニティ」をクリックしてください。

そしてコミュニティ検索ボックスに明日香の棚田と入力してください。

検索1


どうです?見つかりましたか?
見つかったらアイコン写真の左上にある「コミュニティに参加する」をクリックしてください。

参加

これで全ての準備が整いました。

投稿

コミュニティの「写真・動画一覧」の下にある”写真・動画を投稿する”をクリックして、アップロード済みの写真を投稿してみてください。




雨の中の一斉草刈り

wqfqwf

どうなってんねん!!って叫びたいくらい足のの遅い台風12号でしたが、その余波か小雨の降る中で、一斉草刈りが行われました。

前日に事務局への問い合わせメールが何通か届いていましたが、余程の悪天候でも無い限り作業は決行します。
まあゴルフと同じようなものですね。
とは言え、やはり今日も参加者は少し少なめ??午前9時過ぎには各班に散らばって作業が始まりました。

7月以来の草刈りで、もう草は伸び放題です。エンジン刈払機を使う人、手刈り鎌で刈る人と色々ですが、少しずつ重みを増して行く稲穂を横目にしながら、そしてその先にある秋の収穫を楽しみに汗を流しました。
勿論、今日参加した皆さんは、参加出来なかった方々の田んぼの草も刈って下さったので、今日参加出来なかった皆さんは、是非御礼をいってあげて下さいね。

がrgへrq
えg;いう;

それから、今日の飛鳥川の表情は、普段の優しさはどこへやら、荒々しい姿を見せていました。
これでも後1㍍は大丈夫だそうです。
同じ奈良県でも、上北山村では、記録的な豪雨、まあ何とか米は無事でした。

1234t134

さて、先週(8月28日)は、秋の彼岸花祭りの代名詞的存在の案山子コンテストの作品がずらりと並びました。
今日案山子ロードを見てみると、どうやらそれ以降も、何体か立てられていたようで増えていました。
下の写真は、先週の時点で撮影されたもので、しかも全てではありません。
これからも立てられて、恐らくコンテスト出品作品は70体近くになるのではと予想されます。
さて、今年、最優秀に輝くのはどの案山子でしょうか?

この目で、変化を見届けたい

本日は、映像とは関係のない話を書きます。
最近、わたしが作ったNPO法人のHP上で、ツイッターを展開しています。
法人活動に関係のありそうな個人や団体を次々にフォローしてゆくと、フォロワーがどんどん増えています。
今の所、リアルでの「繋がり」は何もありませんが、ネット上での繋がりは広がって行っています。
これが「ゆるやかな繋がり」なのかな?と思いつつも、これが真のネットワークに進化して行けば、社会は変わって行くのかなと薄々ながら感じています。

今、中東では大きな社会変革が起きています。
極東に位置する我が国では、メディアの報道だけでは、なかなかリアリティが感じられないので、何が起きているのか?これから世界はどういう方向に向かいつつあるのか、どうもピント来ません。
それでも世界で何かが大きく変化していると強く感じてしまいます。
私に与えられている時間は、そんなに長くはありません。せいぜい15年から20年くらいでしょうか?
これから、世界が、そして日本がどのように変わって行くのか?人々は幸せを掴めるのか?
心配でもあり、楽しみでもあります。
この目で、その変化を見届けたいと思います。

あまりにアナクロ?既存メディアの報道



上の動画は、菅総理大臣がインターネットの番組に、現職の総理大臣として初めて生出演し、今後の­政権維持に強い意欲を表明しました。出演した事を報道するニュースです。
この中で、女性アナウンサーのコメントは、菅総理が「既存のメディア報道に不満を持っている」と伝えています。
この番組では、予定の1時間を30分近くオーバーしたそうです。

それなのに、今朝の讀賣新聞は秋葉忠利広島市長のユーチューブでの引退表明に、又々批判記事を掲載しています。
記事は、公職にあるものの説明責任を果たしていないとして、厳しい記者会見を避けたとの一方的見解を書いています。

そして、ブログやツイッターなどの新しい情報発信手段が登場するなか政治家の姿勢が問われていると書いています。
ここまでだけでも、随分時代錯誤と言うか、既存メディアのあがきとしか思えないのに、例に依って識者??の意見を掲載して、自らを正当化させようとする手法には本当に辟易してきます。

識者の意見は次のキーワードで分類しています。

■説明責任
「公人はメディアから権力チェックを受ける義務がある。」
橋下大阪府知事

※橋下知事が何か発言する度に群がるメディアらしいな。

「ユーチューブだけの説明は異常で、非常識。有権者をないがしろにしている。」
「有権者に代わって報道陣が質問する記者会見に応じるのは市長の義務。自身が提案した五輪招致問題をはっきりさせてから、不出馬表明するのが筋だ」
政治評論家 森田 実

※この人、東京大学工学部在学中に日本共産党に入党し、政治評論家として独立以来、一貫して保守本流。
今年、御年79歳の御仁の意見はアナクロ??

「発言内容を編集されるのを恐れて記者会見をしないのなら、情報を発信する自治体トップとして認識不足としか言いようがない」
東大名誉教授(マスコミュニケーション論) 鶴木 真

※わたしは、この方を知らない。

■一方通行
「ネット情報は、それを確認したマスコミの報道でより広く波及するのが特長」
秋葉市長の動画へのアクセスが2万件を超えたことを
「波及効果を狙ったのだろう。ネットは双方向のやりとりが可能だが、批判や疑問に答える必要はなく、言いっぱなしの印象がある」
関西大学教授(政治学) 岡本 哲和

※かなりピントがずれている。

記事によれば、秋葉市長は就任以来、記者のぶらさがり取材に応じず、「皆さん若いし、勉強不足。教員だった感覚でつい諭したくなる」と洩らしたことも含めて”秋葉流”と皮肉る。
今、手元に森 達也著の「世界が完全に思考停止する前に」角川文庫があります。
そのカバー裏側に、こんな文章があります。

”........過剰な善意や偏ったヒューマニズムが蔓延する中、いま僕たちはかつてないスケールの麻痺を抱えて生きている......."

この記事を書いた記者さんたちも、本当にそう思っているのでしょうかね?


プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。