スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画編集ソフト「Final Cut Pro」対応プラグインのβ試供版を提供開始

昨日(8日)キヤノンは、「EOS MOVIE Plugin-E1 for Final Cut Pro」を3月下旬に公開すると発表しました。

これは、このブログにも何度か書いたデジタル一眼レフで撮影したフルHD映像(EOSムービー)を、ビデオ編集ソフト「Final Cut Pro」(アップルのノンリニアビデオ編集ソフトでMac OS X向け)に読み込み、映像の「切り出しと転送」(Log&Transfer)機能で必要なカット部分だけを切り出せます。

さらにEOSムービーの記録フォーマットであるH.264を、編集用中間フォーマットのProRes422に変換することもできるほか、タイムコード、リールネームなどをProRes形式のファイルに保存できます。

対応機種は、EOS-1D Mark IV、EOS 5D Mark II、EOS 7D。対応するFinal Cut Proのバージョンは6.0.6、7.0となっています。

eos

このようなソフトの提供もそうですが、業務用撮影機器としての使用を拡大するためのアクセサリも今後充実して行って欲しいですね。

ニュースリリース
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。