スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十年後 現実化する幻想旅行とは

dw34

世の中の変化のスピードがとても早いので、10年後の世の中を予測できません。
わたしの手元に昭和58年11月25日初版第一刷の<カッパ・ビジネス>最新刊 「族十年後」と言う本があります。

本の帯には高度情報社会は、あなたの生活をどう変えるのか? 見えざる「明日」が見える!とあります。
昭和58年の本ですから今からもう27年も前に近未来である10年後の世の中を予測しているのです。

中にはその通りになっているものもあれば、まったく見当違いのものもあります。
しかし、総じてよく当てていると思います。編纂したのはグループSTとあり、代表者は邦光史郎さんと書いてあります。邦光さんは1922年2月14日生まれで、 1996年8月11日没の作家です。

この本の中に、こんな事が書いてあります。

昭和58年の十年後と言うと1993年頃には、「幻想旅行」が大流行すると予言しています。

幻想旅行とはどんなものかと読み進むと、それは小さな映画館のようなもので、観客は一人。
映像のコンテンツは見る人が選べて、例えば今日は原始生活を体験したいとか、あるいはサムライ時代を体験したいとか、うんとエロチックな世界に遊びたいとか選べるわけです。

fantcy

一定の料金を払うと、映像、音響そして室内装飾と、時には出演者自身が現れて様々に幻想世界に誘ってくれる。
ホログラフィ、CGを使って隕石も降って宇宙旅行も出来ればれば、美女とのラブストーリーも楽しめる。

薬物や特殊な飲料でより幻想を深め現実からどんどん逃避出来るって代物だそうです。
これに学生や中高年サラリーマンが集まり、憩いの場になると言う予測です。

いかがですか?この予測。
かなり現実になっていますね。

今後普及が予想される3Dテレビが、更に幻想旅行を高度にしそうです。

でも、薬物や特殊な飲料でより幻想を深めるとなると、かなりヤバイですよね。
皆さんはどう思いますか?????


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。