スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトウェアエンコード対応 USB2.0用 ビデオキャプチャー

キャプチャ

上のサムネイルはBUFFALO社製のソフトウェアエンコード対応 USB2.0用 ビデオキャプチャー PC-SDVD/U2です。


これは、アナログビデオをデジタルに変換するツールの一つです。色々なメーカーから同種の物が発売されていますが、Vista対応の品はまだまだです。

私は、Visataを使っているので、これにしようかと検討中です。

製品仕様を調べて見ると、解像度は720×480ピクセルでSDビデオに必要且つ十分。

価格も5,000円程度なので手頃。

使い方もUSBケーブルを差し込むだけだから簡単。

簡単に編集ができるソフトまで付いている。

動画圧縮形式は、MPEG2、MPEG1に対応している。今後H264等には再度変換が必要か?

さて、デジタル化に要する工数を、この機器で計算して見ると、仕様には、動画ビットレート MPEG2:2,000Kbps~8,000Kbpsとあることから、平均4Mbpsとして、VHSビデオテープ120分(ここで仮に 100本を3倍速録画として)

ざっくり600時間以上かかるかも?1日5時間変換しても、
120日、4ヶ月くらいかかる計算になる。

ハードウェアエンコ-ド→DVDに焼くのだが、これでは他の仕事が出来ない。
専用パソコンが欲しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。