スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“Lumiere Rule”6つの条件

我々は今、好むと好まざるにかかわらず、押し流されるように膨大な量の映像情報のさ中に居ます。

そして、その映像情報に飼いならされるように、映像情報を読み解く事が出来るようにはなっています。しかし、映像のリテラシー(読み書き)からすれば、動画で何かを伝える技術は、まだまだプロの仕事と思っている人が多いようです。しかしwebなど情報通信の発達は、そうしたスキルを持つことを必要としています。

映画の父と呼ばれるリュミエール兄弟の偉業に敬意を表して、当時の撮影手法を、“Lumiere Rule”とし、次の6つの条件でビデオ作品を制作しようと言うNPO法人が大阪にあります。

では“Lumiere Rule”とは何かを理解するために、リュミエール兄弟が制作した世界初の動画をご覧ください。




では、その*Lumiere Rule/リュミエール・ルール[6つの条件]を次に示します。

①無加工であること。(CGなどを使わない)
②無編集であること。
③作品の長さは最長1分であること。
④固定カメラであること。(三脚などを使った安定した映像)
⑤無音であること。(マイクは殺しておく)
⑥ズームレンズは使わないこと。

これなら、皆さんがお持ちのデジタルカメラの動画機能や、家庭用小型ビデオカメラを使って撮影することが可能です。
むしろオーバースペックなくらいです。

編集機器や編集ソフトなどの特別な機械や技術を必要としないので、誰でも作品を制作することが可能です。
しかし、制限があるからこそ、出来上がった作品が映しだす映像は、「映像メディア」の本質に迫る要素を明確に伝えているはずです。
つまり、文学で言う俳句のようなものです。

では、サンプルをご覧下さい。
作品のタイトルは「pigeon clock」です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。