スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットを見られない人への説明責任を果たしていない」と批判の声??

起きて今朝の新聞を読んでいると、腹立たしくもあり、面白くもありでした。
先ずは、こちらです。



「ゆるキャラ」ブームの火付け役となった「ひこにゃん」への年賀状が1万通を超えたというニュース。
経済効果の面から見れば年賀状1万通も売れたのだし、このキャラクターがもたらした効果は、相当なものになると思います。
讀賣新聞によると、2008年から年賀状が来るようになり、市の担当者は返事を出していたそうです。
しかし、毎年増えていて今年は2万通を超えることも予想され、返事を出すのが大変とか?
ま、暗い話題が目立つ中で、なんともほのぼのとした話題と受け取るか、これは彦根市も大変だ、これにかかる費用もそうだし、返事を出さないなら出さないで、今度は批判が出てきそうだしとか、恐らく現場では、どないしよううかと市長を巻き込んでの議論になっているのではと想像してしまいます。
そして、こんな新聞記事がひこにゃんに年賀状を出す人を増やさせる要因になるのも間違いないでしょう。

さて、市長と言えば広島市長のYouTube動画が話題になっていますね。
この事についても今朝の新聞は、掲載をしています。
読売、産経ともにYouTubeへの投稿に対して、批判的な論調です。
その根拠になるのが「市民からはネットを見られない人への説明責任を果たしていない」と批判の声が上がっている。」と言うものです。

当の讀賣新聞は、2009年4月7日に、こんな記事を出しています。
引用します。

”総務省によると、2008年のインターネット利用者数(6歳以上)は、9091万人となり、前年比で280万人増になったということです。

このインターネット利用者数は、6歳以上の日本人総人口では75.3%と4人中3人まで普及が進んだということになります。

各媒体別の利用者数は下記の通りです。

・パソコン:8255万人

・携帯電話:7506万人

・ゲーム機やテレビ:567万人”

これって、矛盾してませんか?
こんなのだから、広島市長、記者発表を避けたのではないですか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。