スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手持ち撮影のリスク

最近のビデオカメラは、これまでも書いて来たように益々、小型になって、三脚を立てて撮影する事が殆どないかもしれません。

三脚を立てるのは、かなり面倒ですし、重い三脚を持ち運びする事を思えば、ついつい手持ち撮影に走りがちです。


手持ち撮影の欠点は、なにより「ブレ」です。
よく素人の作品を見ていると「酔ったようになる」と言いますが、ひどくブレた映像を長く見せられるほど苦痛はありません。

最近は携帯電話でも動画が撮れるようになり、電子メールで送ったり、youtubeにアップしたりします。

しかし、その殆どが個人的なコミニュケーションの道具として用いられているように思います。
そのような動画が、とても大きな反響を呼んで、驚くほどの数のアクセスがあるので、必ずしも「安定した映像」がいいとも限りません。

しかし、こうした動画はホームビデオの初期の頃の作品と共通していて、ワンシーンワンカットのインパクトの強さがアクセス数に反映しているような気がします。

又、これらの動画は、撮る側と見る側に共通の興味や認識があるのだと思うので、少しくらい揺れているような画像でも、気になりません。

しかし、不特定多数の人に伝える作品では、そうは行きません。
誰が見ても分かるような伝え方をする場合は、やはり客観性が重要です。


つまり見る側の人は、あまりにも手ぶれが酷いと、映像の中にあるテーマをみるより先に、疲れてしまって、見終わっても、その作品が一体何を伝えたかったのかさえ分からなくなります。

機動性を重視するあまり、手持ち撮影を好んで使うのも良いのですが、やはり三脚を使った安定した映像は、きちんと伝わるものがあるはずです。

youtubeに「手ぶれサンプル」動画がありましたので掲載します。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。