スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Youtubdeから考える「憂国」の士とは?

海上保安官の尖閣ビデオ流出事件に意見が百出しています。
わたしは、海保でもないし、親戚や知人に海保がいるわけでもありませんが、何故今回の事件で、海保がネットに映像を公開したのかを是非にでも知りたいと強く思うのです。

中国の領海侵犯については、以前から数多くあった筈で、以下のニュース映像でふり返っても、民主党政権あdけでなく、自民党政権も、批判されて来ました。
おそらく、その度に海保関係者は「政府は何をやってんだ!!」と憤りを感じていたに違いありません。
もし、わたしが海保なら、いや息子が海保なら、そう思っていたに違いないと感じるのです。



わたしは、1950年生まれ、冷戦時代を生きてきました。
しかし、その冷戦が終わり、そして、アメリカが力を失いつつ今、新しい世界秩序への過渡期でしょう。
今回の事件と、三島由紀夫事件には、なんの関係もないかも知れませんが、流出させたとする海上保安官が、読売テレビの記者の取材に応じ、「あれを隠していいのか。この映像を国民は見る権利がある」と語り、「誰にも相談せずに1人でやった」とも述べたと言います。

更に「わたしがこういう行為に及ばなければ、闇から闇に葬られて跡形もなくなってしまうのではないか」
さらに「多くの人に迷惑を掛けた。職を失うことも覚悟している」と語ったといいます。
そんなことから三島事件をふり返っても見ました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。