スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋は~『それでもドキュメンタリーは嘘をつく』~を読む

amznebook

つい先ほど、ネット通販Amazonにかなりの数の書籍を注文しました。
その中の一冊に、森達也著の『それでもドキュメンタリーは嘘をつく』(角川書店刊 角川文庫)が入っています。
届くのは、数日後になりますが、今から楽しみです。

何故、これを読んでみようかと思ったのは、この夏、障害者の雇用支援だとか、社会参加に関するドキュメンタリーを撮ったのですが、これは自主制作でなく、クライアントが居たのです。
事前に、企画書を出したのですが、実はこの段階で既に、ドキュメンタリーは現実をそのまま映すものえなく、わたしの意図が盛り込まれたものになっています。

更に、撮影、粗編集などのプロセスを経る度に、クライアントの意向が、もう容赦なく入ってきまして、最初の意図は、雲散霧消してしまいました。
有る程度の割り切りというのは必要だし、考えすぎというのも良くないと思うのですが、だからと言って思考を停止させてしまうのもどうかと、今もって悶々としています。

その辺を、この書物が怪傑のヒントを与えてくれるかなと期待しています。

他にも、小林信彦の『ぼくが選んだ洋画・邦画ベスト200 』(文春文庫とか、双葉 十三郎の『外国映画ぼくの500本 』(文春新書)、森 達也の『世界が完全に思考停止する前に 』(角川文庫)等々、沢山買いました。
いよいよ読書の秋、頑張って読んでみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。