スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財布をはたいてでも持ちたいカメラ ~FinePix X100~

せ345gh

このフォルム。1950年生まれの私には、垂涎もののフォルムです。
昨日は、先週の大移動の疲れやら、週末農業の明日香で彼岸花祭りがあり、かき氷などの模擬店で、約1,000個のかき氷販売などの疲れが一気に出て、夜には、すっかりダウン。
21時前頃から、うとうと、うたた寝のつもりが、目が覚めたら午前8時。
その結果、ブログは更新できずでした。
いったい何時間寝るねんと言うくらい寝ました。
目が覚めても、身体がだるくて全身倦怠感。
ようやく、この時間になって、調子が戻ってきた感じです。

そんな、けだるい私の魂を呼び覚ましてくれたのが、上の写真の新型カメラです。
そこで、今日は新型カメラの話題を書きます。
私たちの小学校、中学校時代は、ライカ型カメラの全盛時代。
キャノン、ミノルタ、ニコン、ヤシカ、ペトリ、トプコン等々のメーカーから個性溢れるカメラが発売されていました。
特に好きだったのが、キャノン7とか、やはりライカMシリーズでした。

そんな大好きだったカメラを彷彿とさせる、富士フイルムのFinePix X100。
発売は、来年だと言うことですが、早く実機を見てみたいと思うカメラです。

ミラーレス一眼への一つのアンチテーゼと言えるかもしれません。
そもそも私は、ミラーレス一眼と言うのがどうも納得行かなかったので、こんなカメラが出ると嬉しくなります。

uwiww8wdsi

ゼンマイ式のセルフシャッターと覚しきレバー、シャッターボタンにはネジ穴が開けてあり、押し込み式のケーブルレリーズが使える風に見える。
シャッタースピードと絞りは、それぞれダイアルで決められるも懐かしい。
光学ファインダーとEVFを切り替えて使えるHybridも面白い。

プロモーションビデオは

こちらから





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。