スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリエイターの意図とクライアントの要望

昨日の午後は、この夏に制作したドキュメンタリー(19分45秒)のクライアントへのプレビューの日でした。
クライアントは、某業界団体。
会長、理事2名が来られ、私は少し緊張しながらDVDプレイヤーの再生ボタンを押しました。
上映中、幾つかの映像に対して質問がありましたが、途中大きな問題提起もなく上映が終了。

終了後は、お三方から、それぞれ辛口のご意見、要望がどんどん出てくる。
今回の作品で、私が考えたコンセプトは

1.ナレーションを一切使わない。
2.BGMも最小限にとどめる。
3.字幕スーパーも上記同様に最小限にとどめる。

従って、上映終了後に、あそこは意味が伝わらないのでは?とか、こういう説明のテロップを入れた方が酔いのではとかと言ったご意見、ご要望が多かったのは、ある意味「想定内」と言えたと思っています。
つまり、説明的な作品にしたくなかったのです。

私は、この作品の上映を、この業界団体が9月に行う予定のイベント時に特定していたので、そのイベントへの出席者ならば、あまり説明的にならずともして、わかっていただけると踏んでいたのでした。
しかし、クライアントの考えは、そうではありませんでした。

この作品を業界団体の社会貢献として、広く情報発信ツールとしてマルチに使いたい意図があったようでした。
それなら、昨日のプレビューで出てきた辛口のご意見、ご要望が分かります。

わたしは、その場で追加取材と編集の一部やり直しを受諾しました。
公開上映まで、あと一月。
頑張って、編集しないと間に合いません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。