スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のロケ現場 ~障がい者雇用の現実~

ふちょう

昨日は、朝から、ここ(大阪府庁)で、一日ロケでした。
障がい者雇用の一つの事例を作品にすべく、ドキュメント制作中です。

昨日は、庁舎内で働く知的障がい者に密着取材出来ました。
障がい者の方々の就労を現場で支えていらっしゃる「専任支援者」の方(女性)お二方のインタビューも収録できました。

詳しい内容は、いずれ書くことにしますが、インタビューしていて、話し手の専任支援者の感動話しに、ついつい私も胸がいっぱいになって、涙を流してしまいました。
お二人のインタビューで共通してうたのは、次のような内容でした。

・障がいを持つ方々と仕事をsるまでは、ある種の先入観で、見つめていたように思うが、実際に接してみて
そうした先入観が間違っていたことに気付かされた。

・言葉で何かを伝えることの難しさを味わった。あきらめることなく、根気強く、繰り返し伝えて行けば、ある程度は伝わると思う。

・就労の場は、支援学校でもなく、作業所でも、ましてや家庭でもない。仕事として厳しく接することで、成長を促すことが出来るように思う。

・障がい者雇用は、障がい者自信もそうだが、障がい者の家庭、支援団体、雇用する企業の理解と、仕組みとしての専任支援者、仕事の場を提供する企業や自治体等、これらが一体となってうまく行くのでは?

・環境に恵まれない障がい者は、社会全体で支えてゆくような環境が出来たらいい。

お二方とも、60歳代半ばの方でしたが、障がい者雇用の第一線でお仕事されている誇りを感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。