スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常生活の風景をスケッチ風に描いたヒューマンドラマ ~東京兄妹~



禁煙パイポ、タンスにゴン、エバラ焼肉のたれ、ヤクルトタフマン、デューダ等の、個性的なテレビCMを作り話題を呼んだ 故 市川 準監督作品で、『東京兄妹』(1995 年)があります。

都電が走る、東京の小さな街で暮らす一組の兄妹の日常生活の風景をスケッチ風に描いたヒューマンドラマなのですが、このスケッチ風に描くと言うのが、私なりにどういう事なのかを考えてみました。


タイトルからして小津安二郎の「東京物語」を意識した作品だと思いますが、非常に丹念に且つ淡々と描いているように感じます。

私の一番のお気に入りは、オープニングカット、フェードインするまでの数秒を足しても、約1分ほどを、ワンシーンワンカットで撮っています。



いかにも小津作品を意識したようなセット(昭和生まれの私には、これがなんとも懐かしくていい)
この町家にあたる光、風鈴を揺らす風に、季節と時間の移り変わりが感じられところが好きです。

この作品、カメラアングルこそ、アンチ小津なのか、小津スタイルの代名詞のようにいわれているローアングルは少ないものの、フィックスショットでしっかりフレーミングされた映像こそが、日常生活の風景をスケッチ風に切り取ると言うことなのかなと思います。

安物のテレビドラマを見ていて、役者さんの大げさな台詞回しに、いつも嫌悪感を抱く私ですが、小津作品や、この作品のように、ぼそぼそしゃべる登場人物たちにリアリティを感じます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。