スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかりやすい表現

動画編集においては、常に「見る人」を意識した「わかりやすい表現」を目指すことが大切と思っています。
但し、youtube等にアップして、自らのブログやホームページで公開する場合は必ずしもそうとも限らないでしょう。

テレビ番組のように不特定多数の人を対象にする作品でないのであれば、違った表現があるだろうし、寧ろマスメディアの真似は避けた方がよいと思います。

昨日書いた「ビデオ・ランデブー:映像の現在」で、その時トークセッションに出られていた谷川俊太郎さんに私はこんな質問をしました。

「長いことビデオ制作に関わっていますと、記録と表現の区別が分からなくなるって言うか、まあわかりやすく伝えるにはとか、色々考えてしまって、面白い作品が出来なくなってしまってるんです。どうしたらいいでしょうか?」

すると、谷川俊太郎さん曰く、「マスメディアの真似をしないこと。テーマ選択をマスメディアらしくしないこと」とおっしゃいました。

私達は、好むと好まざるにかかわらず、知らずにマスメディアの影響を受けてしまっています。
私もそういえば、ビデオを始めた頃は、もっと身近な出来事をなんとか作品に出来ないかと、一生懸命模索していたなあと思います。

大げさに振りかぶって社会問題などを思わなくても、身近なところにこそ問題があって、それを取り上げる視点や、作品にするエネルギーが必要なんですね。

さて下の写真はビデオスタジオのストーリィボードビューです。
ビデオスタジオを使った動画編集ではカメラかのキャプチャが済んだあとの、第1のステップは、このストーリィボードにビデオクリップを並べることから始まります。

人によって違いがあるかも知れませんが、私の場合、ある程度の長さの作品を制作するに際しては、予めシナリオのあるような作品を作るとき以外、事前に「こんな話しになるかな?」とか勝手に「こんな話しにしたい」とか考えてから撮影に入ります。又、話しがどう展開して行くのか予想すら出来ない場合は、撮影をしながらその作品のストーリィを考えて行くこともあります。

従って、ストーリィボードにビデオクリップを並べる時には、概ねクリップの順番が決まっている事が多いようです。

依頼されて作品を作る時は、これはもう多くの人にわかりやすく伝える事が重要になりますから、どうしてもセオリーに従ったクリップの配置になります。

では、セオリーとは?については明日以降書くことにします。


ストーリィボード
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。