スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「14歳逮捕」賛否の声

youtubeに人気漫画を著作者に無断で公開した14歳の中学生が、京都府警に逮捕された。

今朝の讀賣新聞は、「14歳逮捕」賛否の声との見出しで、被害食い止めと、逮捕行き過ぎのそれぞれの意見を掲載していた。

それで、この記事を読んで感じた事ですが、この違法公開した少年像を、こんな風に書いているところです。

”捜査関係者によると、少年は学校の成績はよかったが、母子家庭で自室に閉じこもりがちだった。母親は、我が子への関心が薄く、少年がパソコンやゲーム機などをどのように入手したのかさえ知らなかった。”

この記事、あまりにもステレオタイプの少年像の描き方に、思わず笑ってしまいました。
それと、ここに出てくる「専門家」「識者」の元判事は、「逮捕やむなし」方や大学名誉委教授で、少年法の専門家は、「他の警察が、安易に踏襲しないよう配慮すべき」とのコメント

この記事っておかしくないですか?

・14歳の中学生に「著作権」を教えていないし、著作権侵害がどんな罪になるかも知らない。
・デジタル時代の著作権保護の手法が出来ていない。(サイトでのチェックや削除を含む)
・メディアリテラシー教育が未開発

できたら、こんな視点で議論を展開しないと、この腫の事件?は防げないし、社会的には、こんなつまらない既存メディアの記事では、本当の問題解決に至らないと思うのです。

これからは、youtubeに代表されるように、一億総クリエーターの時代になってゆくでしょう。
先日も書きましたが、コンテンツホルダーが、きちんとビジネス出来る環境、知的財産権の保護について、世界中の叡智を集めて解決して欲しいと思います。

っっgt

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。