スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像制作のプロセス

私が作品を作るとき、内容にも
よるのですが、先にナレーションの原稿を書いて、それに合わせて
映像を編集(繋いでゆく)時と、映像を先に繋ぎながら、同時進行
でナレーションの原稿を考える場合があります。

ドキュメンタリーの場合は、ほぼ後者になります。
つまり何が起こるかわからない現実の前では、先に原稿を書いて
いても、殆ど意味をなさないからです。

しかし、私でも誰でもそうですが、映像を撮ると言うことは、
フレーム(枠)で切り取って来るわけですから、撮影者や
ディレクターの意図が明らかに反映されるわけですから、演出
要素がそこに入りこみます。
つまり、撮影するときから、製作者は自分が伝えたい方向に
従って撮影をしています。

撮影してきた素材は、私の頭の中で一旦並べ替えられて、撮影
しながら描いたストーリィをそこで組み立てるのです。

出来上がったストーリィをメモ用紙にプロットで書き出して
更に、自分が伝えたい意図を明確にします。

そして、次は自分が伝えたいテーマを表現するショットを選んで
行きます。

デジタルビデオをPCで編集する時は、ストーリーボードにビデオ
クリップを並べられ、将にストーリィを組み立てるのに最適です。

私はリニア編集時代の方が長いのですが、これは、素晴らしい機能
だと思います。

とにかくどんどん並べ替えをして、自分の納得が行くお話しを組立
てればいいのですから。

編集の第一歩は、ストーリィからだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。