スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな番組を作っていけない ~テレビを創る側の良識~

苫米地 英人氏の著書「テレビを見てはいけない 脱。奴隷の生き方」に、こんな事が書いてあります。

自殺者増加の一端はテレビが担っていると論じたページです。
実はわたしもそう思っていたのですが、最近一時期よりスピリチュアル系の番組が減ったように思っていましたが、テレビを見てはいけないでも、苫米地 さんもそう書いています。

少し前まで、霊能者や占い師が大手を振ってテレビに出ていろんな事を言ってっていました。





でも、。1980年代にテレビで稀代の霊能者として取り上げられた宜保 愛子もテレビが作ったブームだったように思います。



その後、1995年のオウム真理教の事件の後、オカルト的な放送をすることに批判が高まり、この腫番組は減りましたが、つい5,6年前くらいから再びスピリチュアル系の番組が増えていました。

視聴率さえあがれば、過去に批判された企画でも、作ってしまうし、安易にこれを見てしまう視聴者がいるのも確かです。

youtubeを見ていると、かなり以前の番組で非常におもしろいものを見つけました。
既に引退した、上岡龍太郎の話術に聞き惚れてしまいそうですが、実はテレビを創る側の『良識』を盛んに説いているところが、業界人らしくなくていいですね。

引退の真相は、じつはこの辺のメディアのいいかげんさに、くたびれたのかと思ってしまいました。
沢山、動画を並べましたが、最後のこれだけは見て下さい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。