スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像の文法をわかりやす教える動画 ~NHKビデオカウボーイ~

映像にも文法があります。

撮影する対象が『事実』であっても、断片的な映像だけでは、伝わらないことがあります。
映像は、映像によって伝達・表現するときの文法に従って表現されて、はじめて伝わるのだと思います。

例えば、撮影する時のカメラのサイズと位置により、その映像が持つ意味が異なります。

・ロングショット
外面的な状況説明、客観的映像

・ミディアムショット
周辺情報の説明、近接的映像

・クローズアップ
表情や感情を表現、内面的或いは主観的映像)

人物の場合は
・FF(フルフィギャー)
全身を写す・

・KS(ニーショット)
ひざ下までを写したもの

その他に
・WS(ウェストショット)
・BS(バストショット)
・CU(クローズアップ)
・BCU(ビッグクローズアップ)
等があります。

次にカメラの角度ですが
大きく分けて「俯瞰」と「あおり」があります。

・俯瞰
対象をは弱々しく見せたり、抑圧された感じを与えます。

・あおり
強そうに見せたり、威厳、権威を感じさせます。

こんな事をテキストで表しても、ひとつもわかりませんよね。
初心者の方は、大抵、初心者向けビデオ制作ガイドブックを買い求めて勉強されるんだと思いますが、そのガイドブック一冊分の内容を網羅した、優れた動画コンテンツがあります。
それは、NHKの『ビデオカウボーイ』というものです。

とても楽しく出来ていて、楽しみながら映像制作の基礎が理解できます。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。