スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『花開くコリア・アニメーション(Korean Independent Animation Film Festival)』

映画事業に積極投資してきた住友商事は、映像作品への投資幅を引き上げています。
又、伊藤忠商事や三菱商事と電通の連携など、商社がアニメ産業tの連携を深めています。
そうした一方で、日本のアニメ産業が韓国などへの外注増加で「空洞化」しつつあることは以前書きました。

私が育った街には在日韓国や朝鮮の人々がたくさん住んでおり、すぐ近くには「コリアンタウン」があります。
小中学校時代には、クラスの中に大抵4~5人くらいの在日の友人がいました。
私の場合、そのような環境で過ごして来ましたので、どちらかと言えば韓国文化を少し身近に感じていたと思っています。

コリアンm

そんな私ですが、韓流ドラマだとか、韓国映画にはあまり興味がなくて、私が見た韓流ドラマは『冬のソナタ』であり、韓国映画は『僕の彼女を紹介します』(2004年)くらいでした。

私の興味とは裏腹に、韓流ドラマ、韓国映画、そして韓国アニメは隆盛を極めています。
これは、以前にも書いた釜山フィルムコミッションにも見られるように、国家の取り組みとして映画制作等文化産業に力を入れるようになったからだと思います。

韓国が映画制作等の文化産業に力を入れるようになったのは、金大中元大統領がアメリカに亡命中、ハリウッドの経済効果を目の当たりにしたのがきっかけだと言われています。
帰国後、撮影所などを設立して、映画産業の発展に積極的に関与しました。
そうした努力が、実を結んで来ているのでしょう。

そこで、わたしも今一度、自分にとって身近な韓国文化の今を見てみようと思い、少し先ですが4月17日(土)に『花開くコリア・アニメーション(Korean Independent Animation Film Festival)』に行こうと決めました。

anime1
anime2
Old_Mobile_Phones.jpg


場所は Planet Plus One(大阪市北区中崎町2丁目3-12パイロットビル2F(中崎第2ビル))で、時間は、正午から午後4時迄です。

午後5時~6時30分迄に1時間30分は、キム・ヨングン、キム・イェヨン両監督によるワークショップも近くの韓国文化院で開催されます。

webサイトにも書いてあるように、韓国インディーズ・アニメーションの斬新さと独特感、ストーリーを通じて、私なりに改めて'韓国'と出会ってみようと思っています。

詳しくはこちら


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。