スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やがて出てくるであろう3Dドキュメンタリー



これは、言わずと知れた「アバター」です。
kの映画の評価は、色々ありますが、先日のてmonthly art cafe 2011で聞いた「ビデオから見た映像の未来」で講師の海老根剛さん(映像論)は、アバターはある意味でエポックメイキングな作品であると仰っていました。

そのある意味とは、当然3D映像であるわけで、アバターで繰り広げられる映像正解の事を、氏は「構成されたリアリティ」と言う言葉で表していました。
ビデオカメラは、ひたすら現実に近いリアリティを求めて高画質化してきましたが、CGの発達で、現実とバーチャルの境目がわかりにくくなっています。
そんな時代に、映像表現とは何かを問うような作品だったと私もそう思います。
デジタル映像は、単に時間と空間を切り取ったものから、大きく歩み始めています。
氏の語るように、これからは3Dカメラによるドキュメンタリーも出てくるでしょう?

そんな映像を当たり前のように享受出来る時代になった時、私たちは今よりも、人の痛みや苦しみを感じ取れる感性を強くできるのでしょうか?
そうなることを信じてはいますが??
スポンサーサイト

この目で、変化を見届けたい

本日は、映像とは関係のない話を書きます。
最近、わたしが作ったNPO法人のHP上で、ツイッターを展開しています。
法人活動に関係のありそうな個人や団体を次々にフォローしてゆくと、フォロワーがどんどん増えています。
今の所、リアルでの「繋がり」は何もありませんが、ネット上での繋がりは広がって行っています。
これが「ゆるやかな繋がり」なのかな?と思いつつも、これが真のネットワークに進化して行けば、社会は変わって行くのかなと薄々ながら感じています。

今、中東では大きな社会変革が起きています。
極東に位置する我が国では、メディアの報道だけでは、なかなかリアリティが感じられないので、何が起きているのか?これから世界はどういう方向に向かいつつあるのか、どうもピント来ません。
それでも世界で何かが大きく変化していると強く感じてしまいます。
私に与えられている時間は、そんなに長くはありません。せいぜい15年から20年くらいでしょうか?
これから、世界が、そして日本がどのように変わって行くのか?人々は幸せを掴めるのか?
心配でもあり、楽しみでもあります。
この目で、その変化を見届けたいと思います。

間もなく始まります~「大阪アジアン映画祭」~

今日はかなり暖かく感じます。寒かった今年の冬もいよいよ終わりかな?と感じてしまいます。
春が来れば大阪では、ここ数年のお楽しみ「大阪アジアン映画祭」がはじまります。
今年は、大相撲春場所がないので、アジア映画で盛り上げて欲しいものです。

昨年暮れに亡くなった名女優・高峰秀子さんの追悼として、『花つみ日記』が上映されたり、『歓待』で2010年東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門作品賞、と一躍頭角を現してきた注目の才能・深田晃司特集企画など楽しみな映画祭になりそうです。

詳しくは

こちら

キャノンのシナリオモード

ce2f13egf1

家庭用ビデオで撮影された多くの映像がデッドストックになっていると書きました。
AVCHDなど、PC負荷が大きいとなかなか家で簡単編集とは行きません。
キャノンは、その辺のユーザの声を商品に活かしたものを出しています。

iVIS HF M41がそれです。
ウリは「シナリオモード」と言うモノで、撮りたいテーマに沿って、テーマにに合った撮影シーンをカメラが指示すると言う仕組み。
言わば、動くビデオ教室みたいなものです。
まあ、面白い試みかなと取り敢えず評価します。
でも、内容を見ると、どうかと思いますが、まあホーム・ムービーから素晴らしい作品も出来るわけですから、後は撮る人のセンス、センス。

内容は
こんな内容です。

ミニ眼レフカメラ

wvqedvb2th

今日は、そろそろ仕事に出かけないといけない時間になりました。
ここまで、ずっとある写真コンテストの事務局になってしまったんで(審査員ではないのが不思議)、募集要項を含めたフライヤーを作るので忙殺されていました。
ワシはデザイナーちゃうのに?

さて、昨日の約束とは違うのですが、写真のようなおもしろいカメラが出たので紹介します。

wd3っfg43

思いきっり小さいのですが、これ大きさは、30×27×27㎜(幅×奥行き×高さ)、重さ約11g。
なんと動画も穫れる。
解像度は640×480ドット、30fps。音声はモノラル。静止画は1,600×1,200ドットのJPEGで記録する。記録メディアは別売microSD/SDHCカードで、32GBまで対応。
バッテリは内蔵していて、連続撮影時間は約36分。
動画撮影は3分(約25MB)ごとに自動でファイル分割しながら記録される。パソコンとUSB 2.0接続して充電やデータ転送が可能。充電時間は約1時間。単3電池1本で充電できる外部バッテリケースも付属する。

9.800だそうですが、いかがですか?

「Back to the Futureビデオから見た映像の未来」その1

連日の深夜までの仕事と、HP作成に追われて疲労と寝不足が臨界点に達してしまいました。
一昨日くらいから起きていても自然に両のまぶたが仲良くなり、身体のだるさと食欲不振で、ついに一昨日は寝込んでしまいました。
ようやく昨日の午後になって起き上がれるようになったので、大阪中央区の船場アートカフェに行ってきました。

船場アートカフェは、芸術のもつ「接合する力」「媒介する力」に焦点をあて、都市における芸術の可能性を追求する試みです。
船場アートカフェのスタッフは、大阪市立大学の教員を中心に構成されていて今月は、船場から知と感性を発進する28日間としてmonthly art cafe 2011を開催中でした。
昨日のテーマは、ビデオから見た映像の未来。映像論が専門の海老根剛さんのお話しで、19世紀の写真の発明にはじまる映像の歴史の中で、人々が「現実を写す」という主題とどのように向き合ってきたかを事例映像を紹介して頂きながら考えました。

詳しくはこちら

写真の最前列で足を組んで座っているのが筆者です。
90分のお話しだったのですが、今と言う時代は映画やビデオ、コンピュータといった新旧のメディアが重なり、絡み合っている状態だと捉え、映画、ビデオ、コンピュータのそれぞれのメディアの特長を、

1.光学的記録との関係
2.映像の構成単位
3.映像の時間制
4.映像の性質
5.視覚(映像)と聴覚(音響)の関係
6.基本的技法

に分類して、幾つかの事例的作品を見せて頂きました。
なかでも、私が面白いと感じた事例は、70年代~80年代にかけて、かなり意欲的に作られたビデオのアート作品でした。
当時は、わたしなんぞも萩原朔美、谷川俊太郎、寺山修司などがどんな映像作品を創るのか、随分影響を受けたものでした.
ビデオはその後、インスタレーションの世界へと移って行きましたが、当時は実に面白い時代でした。

まだまだ書きたいことあるのですが、仕事に行くなくてはならない時間になったので、続きは明日又、書きます。

Bluetoothを使ったワイヤレスマイクはオススメです。

fqew]cvf

jhajajs82d1nf;

この二つの写真、いずれもビデオカメラ用のワイヤレスマイクです。
両方ともBluetoothを使っていて最大約50m離れた被写体の音声をクリアに録音出き、イヤホンを接続してトランシーバー機能も持っているそうです。

使用例

かなり以前にもホームビデオ用のワイヤレスマイクが市販されていましたが、電波法の改正で販売中止となりました。
業務用は値段がとても高くて、アマチュアはちょいと手が出せません。
レンタルで借りても、数千円もしてしまいます。
私は、よく結婚披露宴などで、新郎・新婦のご友人が小型のカムコーダで、ご友人のインタビューを撮っているのを見かけ」ましたが、その音声は恐らく使い物になったいないのではと思っていました。
民生用カムコーダの附属マイクのコストは多分、数百円程度でしょう。
そんな安物のマイクで良い音声など撮れるはずありません。

しかし、これなら話しは別です。
2万円以下の価格で、これが手に入るなら絶対に「買い」だと思います。
音声が変わることで、きっと新たな感動を呼ぶことは間違いありません。
8ミリ時代と違ってカムコーダはデフォルトで音声を録音出来ます。
いい音声と映像を残すためにも、私はこのBluetoothを使ったワイヤレスマイク、オススメです。

「CMオートカット機能」がなくなる

先日テレビで「沈まぬ太陽」を見ていた時に、強く感じたのが「CM時間が長い」「CMで気持ちが中断されるなあ」でした。
かといって録画してまで見る時間の余裕はないし、ついついリアルで見てしまいました。
VHSビデオの時代から、録画機に「CMオートカット機能」がついたものがありましたが、この機能を備えた製品を生産している三菱電機と東芝が、春以降の新製品に、この機能の搭載をやめるそうです。

民間放送はCMが大きな収入源ですからこれは大きな問題。しかし番組を見る側にとっては煩わしいだけ?
CMクリエイターの渾身の作品もあるテレビCMは、時代を映す鏡でもあります。
今になって懐かしいCMが動画共有サイトに沢山アップされているくらいですから、やはりクリエイターの人たちはアート的でなくてもいいし、すべてでなくてもいいので、一本でも大衆に指示され、後世に残るような作品を作って頂きたいですね。

人類永遠の疑問?限りなく大きな宇宙

近頃は毎日帰宅が午前2時頃、車での移動が殆どなので冬の夜空をゆっくり眺める余裕すらありません。
元々、あまり天文には興味がなかったのですが、こんな動画を見つけました。

この美しい動画は、微速度撮影で撮影された動画だそうですが、時間をコントロールすると、こんなにも素晴らしいものになるのですね。

さあ、今夜も今から仕事。「宇宙はどう始まったのか」「私たちはなぜ存在するのか」「宇宙はこれからどうなるのか」などとはおよそ遠い世界で働いてきます。

Alma Timelapse, Atacama Desert from Shannon McDonahue on Vimeo.

「映画は全くのフィクション」~テレビで沈まぬ太陽を見て~

還暦を過ぎて今年は61歳にもなると云うのに、どうも近頃は随分と忙しくて、このブログの更新がままなりません。
先日、神戸の再度公園の池に携帯電話を落とした知人は、電話が見つからなかったのでついにauのスマートフォンを買ったそうです。
ところが、昨日電話があって、スマートフォンを選んだのは失敗だったかも?と云うのです。
そうかも知れませんね?私らの年代でブログやスマートフォン、HPや動画制作なんてやってる奴は少数派なんでしょう?

さて、その知人も某大手企業に勤務され、それなりのお立場におられるし、私も企業の論理についてはよく分かっているつもりです。
そんな私たちが見て、こんなんあるやろうなと思いながら昨夜、映画「沈まぬ太陽」を最初から最後までテレビでみてしまいました。



山崎豊子原作の映像化したものは見ている方だと思いますが、この映画も約4時間と、とにかく長い映画なのでしんどかったです。
映画は、まあ良くできていて、やはり渡辺 謙はいいですね。
脇の三浦友和も良かった。
自分自身も作り手になるので、あんまり偉そうに云えませんが、幾つか気になった点を書いてみます。

1.労働組合の活動
モデルになったJALの経営が破たんに至った原因が、どちらかと言えば会社側に近い表現が強いような気がします。
本当のところを知らない私が言うのもなんですが、反会社側組合の過剰な要求はなかったのか?ストライキ権を盾にした過激な闘争はなかったのか?等は描かれていませんでした。(フィクションとして見ればいいのですが?)

2.主人公の恩地元の人物像
恩地元が、幾度となく会社に理不尽な目に合わされ、家族にも迷惑をかけたのにもかかわらず、どうして会社を辞めないのか?映画の後半で恩地元の息子が「お父さんが生きてきた時代と違う」と説明をさせていますが、それだけでは腑に落ちません。
戦後間もない生まれの私にもわからないのだから、それ以降の人なら、多分理解に苦しむでしょう。
説明的になる必要はありませんが、もうすこし何か伏線があってもよかったかな?

3.CGの限界
空港でのシーンでCG映像がかなり使われていましたが、やはり嘘っぽくてかなり興ざめしてしまいます。

まあ、角川は「映画は全くのフィクション」であると言っているそうで、八百長相撲と一緒で、大人の判断で割り切れば楽しめた作品だったと思います。

私の ~となりの人間国宝~

1Q223
時々見ることがあるのですが、大阪ローカル関西テレビの番組~よーいドン~で「となりの人間国宝」と云うコーナーがあります。

ごく普通の人がすごい技を持ってらしてそれを面白く紹介しています。
私も先日、奈良県明日香で、とっても素晴らしい技の持ち主と出会いました。

これがその人間国宝の作品です。

NINNGNN

これは、浄土真宗のこんなお経です。

これを一文字、一文字糸鋸で切り抜いて貼り付けて作ったそうです。

DDDD

今年86歳だそうですが、まだまだお元気でした。
突然お邪魔したので、事前に撮影の準備が出来ていなかったので、次回改めてロケをさせて頂くことにしました。
他の作品もご覧下さい。

QW233
くJYK

これは町の掲示板に使う住居表示です。

GGHTY6

RRRR

工房です。
動画取材が楽しみです。

今から楽しみな大阪アジアン映画祭2011



「大阪アジアン映画祭」が今年も3月5日(土)から始まる。去年は時間の許す限り多くの上映会やイベントに参加しました。
今年の特別招待部門作品の注目は、やはり上の動画話題作『ハウスメイド(仮題)』でしょう。
他にもアジア各国の作品がずらり勢揃い。

特殊企画として、深田晃司監督にスポットを当てて彼の才能に注目しているなど、この映画祭ならではの企画です
こちらはシネ・ヌーヴォで上映予定。
地方の名画座のクローズが続いていると聞きますが、シネ・ヌーヴォは是非頑張って欲しいシネマです。

他にも見てみたい作品やイベントがありますので今から楽しみです。

大阪アジアン映画祭2011

遠ざかる昭和~廃墟化を進むのか神戸再度公園のレストハウス~

resutora

本当にここのところ実に多忙で、このブログの更新がままなりません。
そんな中、先週の土曜日に神戸市中央区の再度山頂上の北に位置する公園、再度公園に行ってきました。
この公園、もしかすると20歳代に行ったことがあるのかも知れないのですが、忘却の彼方に行ってしまっていて、ほぼ初めてのような気持ちでした。

要件は、公園の中心となる池(修法ヶ原池)に自分の携帯電話を落とした知人が、その携帯を探すというのでお供しました。
遠目から見る水面は、十分に水をたたえていて、この深さなら捜索は困難を極めそうだなと感じました。
午前10時過ぎ、完全武装した知人が池の中に入ります。

asai

私の予想とは裏腹に、池の中心部まで進んでも水は腰までも来ません。
探すこと約40分。ついに携帯は見つかりませんでしたが、ここで気がついたのが池の浅さです。
この公園、1937年に開園され戦中、戦後を通して市民の憩いの場として、随分と親しまれて来たそうで、後楽の季節には、大勢の人が来園したと聞きます。

しかし、池畔にあるレストハウスは貸しボートと共に営業休止中。

jimusyio

すぐおそばにあった売店も堅く扉を閉ざしていました。

baitem

その原因は、水面の低下だそうです。

ukisannbasi

上の写真の奥は「浮き桟橋」で、かつてはこれを使って貸しボートから乗り降りしていたのに、無残にも浮き桟橋は池底に沈んでいます。

ike

以前は池の底に沈んでいたであろう池畔も、このように露出してしまっています。
水面の低下は震災以降との説もあるようですが、大阪市民の私には真相は分かりません。
この問題が解決したとしても、廃墟化が進むこのレストハウスや売店はいずれ取り壊されるさだめなのかと思うと、こうして映像やブログに書くことの意義を感じています。
実は、携帯を池に落とした知人も、私と同じような気持ちで、先々週、びっしり凍った池面の上を歩いて中心部まで行き、霧中でレストハウスの写真を携帯電話で撮っている時に、凍った池面の一部が割れて、そこに落としたそうです。

今年、まやロープウェーの廃止も取り沙汰されて、昭和がどんどん遠くなってゆくような、そんな少しセンチメンタルな気持ちになった半日でした。

久しぶりに世の中を見てみると

依頼を受けたHP制作が、今年度中(3月末)なので、とにかく急いで作らないととここ数日、毎日数時間没頭してきました。
昨日、仮にアップロードしてurlを関係者に送付。ご意見を頂くことにしました。
他の仕事も多く抱えているので、今月中には正式に公開にこぎ着けたいとものです。
さて、そんな事で部屋にこもっている間に、外の世界では色々な事が起きています。
とくに、エジプトは遠い未だ見ぬ国ですが、大変な事になっています。新聞でも読みましたが、動画共有サイトでも様々な映像が見ることが出来ます。
例えば、アップした人のリクエストにより埋込無効になっている

この動画

動画の冒頭、インタビューに応じた男性がこう話しています。
「国民が望んでいるのは、すべてにおいて安い物価です。」
「特にパン、ガソリン、石油、砂糖、肉などです。」
「肉も代えずに、骨でスープを作る人もいるんです。」
「1日1食の人もいるし、政府に抗議します。」

国内の騒ぎは、近隣の国や地域へもおおきな影響を及ぼします。
イスラエルによる封鎖が続くパレスチナ自治区のガザ地区で23日、武装勢力がエジプト­との国境沿いに建設された壁を爆破し、パレスチナ人数万人がエジプトに流入しています。­
エジプトとガザ地区を隔てるこの壁の一部は、少なくとも15個の爆発物で爆破された後­にブルドーザーで押し倒されました。
これにより、イスラエルによる封鎖が17日から続いて­いたガザ地区から、住民がエジプトに流入しています。
エジプトのホスニ・ムバラク大統領は同日、非武装である限りは流入を認める意向を示し­ています。
エジプト政府当局によれば、同国に流入したパレスチナ人は推定6万人に上るそうです。

動画は

こちら

今朝の新聞を見ると、食糧価格が高騰しています。
消費税も上がるでしょうし、これまで状況とは明らかに違って来ています。
そんな折り、大手ハム・ソーセージメーカーが大きな改革を発表しています。

14か所ある生産拠点を整理統合し、2020年までの10年間で全国6エリアに1拠点ずつの6拠点体制に集約を検討すると発表しています。

食品会社は内需が殆どで、高齢化、人口減少を見据えた戦略だと思いますが、随分思い切った改革です。
21世紀の10年代のはじめ、20年までに世界は大きく変わりそうですね。
プロフィール

明日香人

Author:明日香人
各地の棚田保全活動の情報や美しい棚田を紹介してゆきます。

関連商品
おススメ書籍
twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。